野々市市 屋上防水改修工事が完成しました!

0

    梅雨が明け、一気に猛暑日の石川県ですね!今日も暑かった!!

    富山県では37度超え!?体温と同じって、どういう感じでしょうか。

     

    当社も熱中症にならないように社員には口を酸っぱくして言ってるのですが

    私も毎日現場作業に入ってると感じるのが、

    ついつい水分補給を忘れがち。しかも、コンビニのドリンクはダメですね!

    日陰に置いてもすぐにぬるくなり、それを飲むのが嫌で余計に水分補給しなくなりますね!

    なので、私は現場用の2リットルの水筒を持っていきます。

    午前中でほとんどなくなりました!

    でも、お昼にトイレに行きたくない・・・つまり、2リットル近く飲んでもまだ

    水分が足りてないということですね。

     

    水分だけでなく、塩分も取らないといけませんね。

     

    それと、必需品の”空調服”

     

    建築関係の人はもうほとんど持っていますが、構造はとてもシンプルです。

    背中に付いているファンで外からの風を服の中に取り込み、体中を通って襟元や腕先から風を出す

    というものです。

    2、3年前から発売し出し、当社も社員全員に配布しました。1着あたりバッテリーも入れると結構高価な代物です。

     

    ただ、昨年から半そでタイプやノースリーブタイプも発売され、そっちの方がいいと社員からも

    言われ、私は意地でも長袖を着て作業しております。

    なんだか、安倍総理が布マスクをずっと変えなかったように・・・

    あ、安倍総理もマスクを変えたので、私もノンスリーブにしようかな・・・

    私の長袖空調服

    写真にように背中を丸めての作業だと、ほとんど風が廻りません

    首元からど〜っと汗が流れてきます

    20200806_3073322.jpg

     

     

    話は戻り、屋上防水の完成です。

    塩ビシート絶縁工法にて改修しました。

    20200806_3073305.jpg

     

    20200806_3073310.jpg

     

    長梅雨で大変時間がかかってしまい申し訳ありませんでした。

    お仕事頂き、有難うございました!!


    土用丑の日

    0
      DSC_0104.JPG
      記録的な長梅雨が続いてます!
      そして、現場がなかなか進まず困ってます、、、

      しかし、わずかな晴れ間を見ながら計画を調整してるので、私は1日何回、天気予報を見ることか。
      今はスマホでも雨雲レーダーなども見れますし、何年か前のように雨雲レーダーでピロピロ鳴って知らせる時代ではなくなりましたね!
      しかし、もう少し天気予報の精度が上がってほしいものです!!

      さて、投稿がずれましたが、先日は土用丑の日で、毎投稿例の社員全員に無病息災を祈り、鰻を配りました!
      今年は隣校下のくら魚さんのうなぎにしました!

      早く梅雨明けしますように!!

      金沢市 アパートの大規模改修(防水・塗装・板金工事)が完了

      0

        工事完了物件のご報告です。

        金沢市の2階建てのアパートの大規模改修工事を弊社でお請けさせて頂きました。

        工事内容は、外装の防水工事、塗装工事、板金工事、サイン工事です。

         

        サイディングの劣化している部位は、ガルバリウム鋼鈑にてカバーしました

         

        【サイディングの劣化部】

        20200715_3064576.jpg

        【完成】

        20200715_3064592.jpg

        20200715_3064594.jpg

         

         

        玄関扉廻り 【着工前】

        20200715_3064567.jpg

        【完成】

        20200715_3064590.jpg

         

        廊下廻り【着工前】

        20200715_3064572.jpg

        【完成】

        20200715_3064588.jpg

         

        とても洗練された綺麗なアパートに生まれ変わりました✨

         

        コロナ禍ではありましたが、弊社にご依頼頂き、誠に有難うございました!!


        思いがけない長雨で工事が進みません・・・

        0

          久しぶりの投稿の前に

          この度の各地での豪雨災害により犠牲になられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、

          被災された皆様にお見舞い申し上げます。

          コロナウィルスとも重なり、避難所や医療施設でも大変ご苦労が多いと思いますが

          1日も早い復興をお祈り申し上げます。

           

          さて、この長雨、誰が予想したでしょう・・・

          てっきり空梅雨じゃないかと算段していた方は多いのではないでしょうか。

          当然、当社もそのつもりでいろんな工事予定を準備していました。

           

          雨漏りの補修依頼が多くなるのは有り難いですが、工事が雨で入れず

          すぐになおせないのが、辛いところです。

          この雨もあと数日と言われているので、今はじっとアマガエルのように

          雲の切れ目から覗く青空を待ち焦がれております♪

           

          こんな雨の日は、、、高圧洗浄です!!

           

          ちょうど今週から着手した一般住宅の塗り替え工事の現場の様子です

          当社は出来る限り、高圧洗浄は雨の日と決めています。

          理由はわかりやすいのですが、

          どうせ合羽を着ないといけないので、それなら雨の日の方が汚れても

          流れていくし、社員も休ませないで済むので一石二鳥です。

           

          これから塗装する壁を洗浄しています

          20200715_3064599.jpg

           

          バルコニーの床防水も劣化はひどくないので、トップコートの塗り替えを

          させて頂きます。その前に、しっかり洗浄しておきます。

          20200715_3064601.jpg

           

          高圧洗浄の後は、外壁が乾いたら、シーリングの打ち替え、そして塗装工程に移ります。

           

          早く梅雨明けして、工事を進めたい!!

           

          お天道様、宜しくお願いします(´;ω;`)ウゥゥ


          マンション 屋上防水改修工事 完了しました!

          0

            マンションの屋上防水の改修工事が完了しました!!

             

            マンションのEV機械室の上は小さい屋上なのでウレタン塗膜防水で施工しました。

            ただ、下地がこのように悪かったので、一度左官で平滑に補修してから

            塗膜防水をすることにしました。

            20200625_3055196.jpg

             

            このシートは通気緩衝工法というウレタン防水でも下地の影響を受けにくい工法で

            施工しました。

            20200625_3055184.jpg

             

            当社の塗り床歴が長く、タイル張りの1級技能士のベテラン職人が

            綺麗にコテ仕上げをしていきます。

            20200625_3055182.jpg

             

            メインの屋上はシンダーコンクリートとなっていますが、

            20200625_3055172.jpg

             

            下地はこのようにシンダーの目地も浮き出るほど劣化しており、

            雨漏りもしているとのこと。

            20200625_3055190.jpg

             

            梅雨時期の施工で、施工中も雨漏りさせたくなかったので、

            急きょ、下地が悪い所を左官補修し、

            20200625_3055180.jpg

             

            仮防水として、塗膜防水を施しました。

            これで、施工中も雨漏りから入居部屋を守ることができます。

            20200625_3055178.jpg

             

            仕上げは、塩ビシートの機械的絶縁工法にて行います。

            20200625_3055174.jpg

             

            完成です!!

            20200625_3055186.jpg

             

            20200625_3055188.jpg

             

            当社にご依頼頂き、誠に有難うございました!!


            ベランダの雨漏りは豊富な知識と経験が頼りです!

            0

              前回の投稿では、ベランダって本当に要りますか?という記事を書かせて頂きました。

               

              あれから、建設会社から苦情が殺到・・・してないので、ひと安心な私ですw

               

              さて、今回は前回の投稿の続きなのですが、ベランダは雨漏りしやすい上に、原因を特定しにくいってお話しと

              最近工事したものをご紹介したいと思います。

               

              タイトルにもありますが、ベランダの雨漏りを直すのは豊富な知識と経験が重要です。

              理由は、ベランダの構造に隠されています。

              例えば、床は防水屋の仕事ですが、ベランダの雨漏りしやすい建物側のサッシの問題はサッシ屋さん。

              外壁・手摺りの壁は、大工さん+外壁屋さん+シーリング屋さん+塗装屋さん。

              笠木は金物屋さん。排水は板金屋さん。室外機は空調屋さん、、、

              とベランダ廻りに携わる業者の数だけでもキリがありません。

               

              このようにいくつもの業者さんが作っているベランダなので、雨漏りしても、

              原因がどこにあるのか特定しにくいのです。

               

              そして、今回ご紹介するのは、え??そんな所に雨水が入るの??というものの一例です。

               

              下の写真をご説明しますと、ベランダの床は、ウレタン塗膜防水が施工してあり、

              アルミ手摺りの土台も一体として防水がシームレス(切れ目がなくつながっている)になっています。

              雨漏りはしていませんでしたが、ウレタン塗膜防水が膨れてきているので、

              アルミ手摺の根元に穴を空けると、大量の雨水が出てきました。

              20200619_3052113.jpg

               

              穴からピューっと出てくる雨水がしばらく止まりません

              20200619_3052115.jpg

               

              原因はアルミ手摺のどこからか雨水が入り、支柱の中に溜まって、少しづつ

              床の防水層の方まで流れて行っている状態でした。

               

              こういった場合は、アルミ手摺の支柱の中に特殊な液体を注入して、

              支柱の中でカチコチに固めるのです。

              そして、侵入した雨水を防水層の中に入れない+新たな排水口から排水するという工法で止水です。

              20200619_3052111.jpg

               

              これはベランダの止水の一例ですが、雨漏りというのは本当にやっかいです。

              どこに原因があるのか特定しにくいので、一度でなおすことも難しいです。

              今回はこのような事案と経緯を特にご理解頂いているお客様で、私共としても

              大変ありがたく、作業しても安心して進めることができました。

               

              私はいつもお客様に原因の推定とそれを補修した場合の御見積りをご提示しますが、

              必ず止まるという保証ができのがつらい所です!

               

              100%雨漏りを止めれます!!と断言することは、いろんなことを想定してしまうので

              結果として、事金額が高くなってしまいます。

               

              そうではなく、

              私の方針としては、

              止めれるかわからない工事を高額にするより、

              私たちの知識と経験で、ピンポイントで雨漏りをなおせるように努力し、

              その結果として安価でしかも1回の工事で止水できるように頑張ります!

               

              ということです。

               

              今も梅雨に入り、いろんな雨漏りを修理させて頂いてますが、

              どの雨漏りも多種多様で頭から煙が出てきそうです・・・

               

              が、それもすべてノウハウとして蓄積されていきますので、

              それが、当社の財産になっていくわけです。

               

              今日も雨漏りのご相談が3軒、対応してきました!!

               

              安価で1発で止水できるよう、頑張ります!!


              雨漏りの原因になりやすいベランダって新築住宅に本当に必要?

              0

                梅雨に入りました。先日の強い雨もそうですが、ジメジメと高温の雨が梅雨らしいですね。

                日曜日の雨以来、多くのお問い合わせや相談を頂き、誠に有難うございます!

                 

                今日は、ちょっと業界には後ろ向きな投稿をしようと思います(思い切って)

                 

                お題にも書きましたが、住宅のベランダの必要性についてです。

                他社はわかりませんが、当社にご相談頂く雨漏りでも多いのは、ベランダからの漏水です。

                ベランダは外部に突出しており、雨風を受けやすく、また排水されにくい(汚れやすい)部分なのは

                想像しやすいと思いますが、実は構造も非常に複雑で、結構、防水処理に委ねられている部分が多いのです。

                しかも、(財)住宅保証機構で性能保証の10年保証を受ける場合の条件として

                ・床の勾配は1/50以上の水勾配が必要

                ・防水はサッシに120mm以上立ち上げ、ベランダの外周部には250mm以上の立ち上げが必要

                となっています。他にも条件がありますが、この条件通りではない物件もあれば、

                この条件に沿っていても雨漏りするベランダも沢山あります!!

                 

                ここで、今からお家を建てようとされている方へ、私からお勧めするのは

                ベランダは作らない方がいい!!

                ということです♪

                 

                そもそも、なぜベランダを作りたいのか?ということを突き詰めれば、必要か不要かが導かれていくと思います。

                私の予想では

                ベランダが欲しい理由の1位は[洗濯の干し場」だと思います。

                では、本当にベランダで洗濯物を干すのでしょうか?

                ベランダがあるのに、2階に洗濯物を持っていくのが面倒くさい、とか

                洗濯物を周辺住民に見られたくない、とか

                花粉やPM2.5が付着するので干せない、とか

                雨が降るかドキドキするので面倒くさい、とかとか

                結果として、ベランダがあるにも関わらず、部屋干しを選んでいませんか??

                 

                もし、このブログを読んだ方で、今まさに間取り検討中の方は、ぜひベランダの必要性を考えてみてはどうでしょうか。

                それでもベランダが欲しいという方は、外観の問題もありますが、

                ベランダの下に部屋があるという間取りは避け、雨漏りしても部屋に漏れてこないように設計されてみては!?と思います。

                 

                あくまで雨漏りをさせない家つくりの目線で書いていますので、多事総論なのもわかりますし、

                こんなこと書いてて、防水屋の仕事を減らすことになるかもしれない・・・

                 

                ですが、ベランダの防水は劣化しやすく、止水もしにくいので、要注意!ということをお伝えしたかったのです。

                 

                それと話はずれますが、お風呂の中の装備品も、私は不要説を勝手に唱えております(笑)

                例えば

                ユニットバスのシャンプーとか石鹸などを置く台というか棚(画像がなくてすみません)はいりません!

                 

                はぁ?と思われる方もいらっしゃると思いますが

                あの台というか、棚というか、置き場ですが、洗うの大変じゃないですか?

                隅にカビも生えますし、

                シャンプーが垂れたりして、すぐヌルヌルになりませんか!?

                 

                という、私が不要説を唱える理由は、ただ単に掃除が面倒くさいから

                汚れやすく、掃除しにくいのはNOだからでした(笑)

                妻に、掃除するのは私やろ!!って怒られそうですが♬

                 

                ですので、我が家のユニットバスは棚みたいな台は一切ありません!

                壁にあるのはシャワーと下向きの蛇口とバー1本だけです!!

                 

                ちなみにシャンプーなどはメッシュのバスケットに入れて吊り下げてあります。

                それと、シャワーとセットになってる下向きにお湯がでる蛇口も要ります??

                お湯を溜める時くらいしか使いませんよね!?

                もっと言うと、お湯を溜めるのはシャワーでもいいですし、お湯を溜める時もいつ??って思います。

                でも、実は我が家にはこの蛇口は付いてるのです。メーカーさんが、これは取れない!と言われたからです。

                外したかったのですが、残念です。

                 

                そんな訳で、意外に、あれ!?これ、使ってないよね!?というものがお家には沢山あります!

                 

                冷暖房もそうです!!7年前に新築した時に子供部屋にも全部エアコンを付けましたが、

                その子供部屋は7年経った今でも使用していないので、エアコンも稼働しないまま7年が経ちました。

                 

                おっと、、、お客様待ちの車の中で時間があったので

                ついつい調子に乗って書き過ぎて、長い文章になってきたので、この辺にしておきます。

                 

                本題は、最近雨漏りをなおしたベランダ工事の様子を書こうと思いましたが、次回にします!

                 

                では、新築住宅にベランダとユニットバスの棚は要らない!!の投稿を終えます(笑)


                梅雨入りした途端に激しい雨!!そして今日は雨漏りのご連絡が相次いでます!!

                0

                  6月11日に北陸地方の梅雨入りが発表され、途端に強い雨が続いています。

                   

                  そして、本日は日曜日でお休みでしたが、昼前から何軒か雨漏りのご連絡を頂いており、

                  お休み返上で雨漏りの調査に行ってきました。

                  どのお家も、『この前まで雨漏りしてなかったのに、急に・・・』とおっしゃられます。

                  そうなんです!

                  雨漏りって雨が降らないと発生しないんです!!当たり前ですよね。

                   

                  でも、ちょっと説明すると、雨によって、漏らない雨と漏れる雨があるんです

                   

                  それは雨漏りする原因を突き止めていくと、わかるのですが、

                  雨漏りって本当に複雑で、お家を建てた大工さんでも、工務店の方でもなかなか原因が

                  わからないという雨漏りがとても多いのです。

                  家の作り、構造を知っていても、それくらい、雨漏りをなおすのは簡単ではないのです。

                   

                  しかし、今、小松市で降っている雨は・・・

                   

                  完全に[雨漏りする雨]です!!

                   

                  この降り方、雨量は尋常ではありません!!

                  昼間は雨こそ少なかったですが、これにこの雨量が続くと、結構ヤバいです!

                   

                  雨漏りのご相談は当社まで気軽にご連絡下さい!

                  そして、この雨が続くと土砂災害の危険もあります!

                   

                  今こうしてブログを書いている最中も防災速報やら緊急エリアメールなど

                  携帯が騒がしくなるほどです。

                  これが、今日は翌朝未明まで続くと思うと、とても心配です。

                   

                  20200614_3049786.jpg

                   

                   

                  このブログでも昨年の梅雨入りはいつだったかと確認できるように、

                  備忘録として残しておこうと思います。

                   

                  昨年はもう少し早く6月7日だったんですね。でも、梅雨入りの発表があったにも関わらず

                  全然雨が降らず、いつの間にか梅雨明けしていた・・・という年でしたね。

                  下の画像を見ると、雨量を見ると昨年でさえ平年の89%も降ってたんですね。

                  2018年の方が降っていなかったのか・・・

                   

                  記憶ってものがいかにいい加減かわかります。

                   

                  今年はどうか、雨マークが少なくなりますように!!

                  20200614_3049784.jpg


                  今年はどんな梅雨になるのかな? マンションの屋上防水工事にも着手

                  0

                    今日は30度近い夏日となりました。梅雨前はぐうんっと気温が上がるのですが

                    ちょっと上がり過ぎではありませんか💦

                    風が涼しいので助かりますが、みんな空調服で熱中症対策をしています。

                    皆さんも、マスクで熱中症になってはいけませんので、こまめな水分補給を忘れずに!!

                     

                    九州南部が梅雨入りしたとありましたが、今年はどんな梅雨になるのでしょうか。

                    昨年は皆さんも記憶があると思いますが、全然雨が降りませんでしたね!

                    6月初旬に北陸地方も梅雨入りを天気予報で確認してから、降らない降らない・・・

                    なんだ、梅雨入りって・・・?となるほどの晴天続きでした。

                    そしてあっという間に7月になって、夏日がつづき、知らないうちに梅雨明けしていた。

                    そんな昨年でしたよね!!?

                     

                    今日の天気を見る限り、去年のようなから梅雨になってくれれば、仕事も進みとても助かります。

                     

                    コロナウィルスの影響も各業界でありますが、長梅雨や土砂災害など起こってしまっては、

                    また家にこもりがちになり、飲食店にとっては更なる打撃になります。

                    我々建設業も雨で工事が中断!となるよりは、1日でも早く工事を完了し、資金繰りにつなげていくというのが

                    健全経営の第一歩なので、梅雨はない方が有難いです。

                    しかし、農家の方など梅雨を大切にしてらっしゃる方もおられますので、適度に雨は降って下さい!

                    なんて、勝手なことを言うとお天道様が怒りそうですね!

                     

                    さて、現場工事ですが雨漏り関連のお仕事の依頼が続いております。

                    こちらは先日マンションの屋上防水の改修工事に着手した様子です。

                     

                    塩ビシートにて施工を行うためにクレーンにてシートを荷揚げしている所です。

                     

                    20200604_3044622.jpg

                     

                    これからどんな梅雨になるかわかりませんが、屋上の雨漏りなどのご相談、御見積りは

                    無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

                     


                    長い自粛生活から少しづつ日常へ

                    0

                      今日の6月1日からようやく日常が戻りつつありますね。

                      我が子も二人、給食付きの小学校へ元気よく登校していきました!

                      長い日々でしたが、これまで当社にご依頼を頂いたお客様には感謝しかありません。

                      休業要請の対象業種ではないとはいえ、いろんな面でお気遣い頂いたと思います。

                      さぁ、これで100%元通り!!ではありませんが、

                      引き続き、雨漏り補修や防水工事、外壁の塗替えのご相談に応じていきたいと思います。

                       

                      久しぶりの投稿なので、何からお伝えしようかと悩みましたが、

                      今日は『感謝』を伝えることを書こうと思います。

                       

                      今日の社員全員での朝礼で述べさせていただいたことの一部ですが、

                      コロナウィルスの感染防止で多くの業種が休業や自粛を余儀なくされている中、

                      私たちは、普段どおりお仕事をさせて頂いたことにまずは感謝しなければならい。

                      そして、医療従事者はもちろん、多くの方のサポートのお蔭で仕事ができていることに

                      感謝しなければならない。

                      仕事ができること、お給料がもらえること、無事に帰って家族のご飯が食べられること、

                      普段は当たり前の日常では気付かない小さなことにも目を向けると

                      多くの『感謝』が存在しますよね。

                       

                      そんな多くの感謝をちゃんと口に出して、相手に向かって言ってみると、

                      最初は恥ずかしいかもしれないけど、言われた方はもちろん嬉しいですが、

                      言った方も、なんだかすっきりするというか、感謝を伝えた相手が喜ぶ顔が見れると嬉しいものです。

                       

                      そんなお話をしながら、私から社員全員に一言、感謝を言ってみました。

                       

                      ちょっぴり恥ずかしかったし、言われた社員も何を言い出すんだ!?という感じの顔をしてました。

                       

                      相手を敬い、気遣い、感謝を伝えるコミュニケーション

                       

                      大事ですね♪


                      | 1/84PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      ご安心頂ける当社の取組み

                      (株)石原コーキング興業 HP

                      お問合せはこちら

                      電話:0761-43-2201
                      FAX : 0761-43-1817
                      mail:info@ishihara-ko.com

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM